新着&イベント情報


柏木製麺所のこれまでと現在

History and present of Kashiwagi

平成29年に創業130年を迎えた(有)柏木製麺所は、和歌山で最も古くからある製麺所です。

初代 柏木太次郎が神戸で製麺の修業をし、1887年(明治20年)に和歌山市駅前で創業しました。
創業当時は冷蔵庫もなく、生麺を干した乾麺を製造し、屋台店などに卸していたそうです。

昭和初期の頃は主にうどんやそばなどを製麺していましたが、1990年代とんこつ醤油味の「和歌山ラーメン」が全国的なブームになると、生ラーメンの製造が激増しました。

現在は全国的に和歌山ラーメンが県の名産品として広く認知され、県外からいらっしゃるお客様も増えました。また、ご近所の方はもちろん小学生の工場見学などで出会った方々等にも愛され、地域の皆様にも親しまれています。

平成21年には、県から「和歌山県百年企業」に選定されました。
会社として励みになり、また強みとして、これからも安全に配慮したおいしく価値ある麺をお客様に提供し続けます。
 
お夜食に、子供のお昼ごはんに、手土産に等用途は様々です。
柏木の麺がご家庭の食卓に並び、笑顔につながりますように。


有限会社柏木製麺所
六代目  柏木隆宏     

和歌山ラーメンの起源

Origin of Wakayama ramen

紀州湯浅は”醤油発祥の地” その旨味のノウハウを生かし、とんこつ味をブレンドして美味しいスープが誕生しました。


和歌山県では、戦前から昭和40年代にかけて、路面電車(チンチン電車)が走っていました。それは、現在のJR和歌山駅前や南海和歌山市駅から、和歌浦を経由し海南市まで続き、その路線沿いの要所要所、例えば「車庫前」などに屋台ラーメン店が軒を連ねていました。
路面電車が廃止されてからは、それら屋台のラーメン店が和歌山市内の街道沿いにお店を構えるようになり、現在に至ります。
なお、ラーメンの横には必ず早ずしとゆで卵を置くのが、和歌山のスタイルだといわれています。

業務用麺お取引店募集

Manufacture and sales of commercial noodles

様々なお客様のニーズに対応する為、当社は麺づくりにおいて最も重要とされる小麦粉選びから、配合・加水・ミキシングまでの工程を、5代目または6代目が行っています。
長年培ってきた知識と経験を用い、フルオーダー麺やセミオーダー麺なども製造しています。
フルオーダー麺は各々のスープに合った麺にすべく、小麦粉から厳選し、最適な配合をご提案致します。ご要望に応じて太さ・グラム調整・ウェーブなども変えられます。
セミオーダー麺は当社の麺帯から選びフルオーダー麺同様、太さ・グラム調整・ウェーブなどをご要望に応じて変えられます。
また麺の種類に問わず、75kgミキサー、25kgミキサー、5kgミキサーを設置しておりますので、70食位からの製麺も可能です。
新たに出店予定の方はもちろん、現在お使いの麺にご満足されてない方、ご相談も承っております。既製品も御座いますので、お気軽にお問合せ下さい。

配送体制

Delivery system

当社の配達地域は、和歌山市・岩出市・海南市・阪南市など、宅急便では全国配送致しております。
お問い合わせ頂ければ可能な地域も御座いますので、ご連絡お待ちしております。

お問い合わせ

Contact